BLOG

【プログラマー 研修 Java】しょーの記録2

こんにちは!

しょーです!

暑い日が続いていますね~

電車を待っている間も汗がとまらないです。。。

僕は建設現場の外仕事をやっていた事があるのですが、

思い返せばよくやってたなと思います。笑

水分補給大事ですね!!

さて、前回に引き続き研修について書いていきます!

 

【学習内容】

・do-while文、while文、for文

・配列

 

【所感】

繰り返し(ループ)文です。

do-while文、while文は名前が似ていますが、

〈do-while文〉

一度ブロック内に記述した処理をおこなってからループする。

〈while文〉

ブロック内に記述した処理を行わずループする。

と、違いがあります。

 

for文も繰り返しの構文で実行結果がwhile文と似ていますが、

異なる部分としては、

〈wile文〉

while(条件式){

  処理内容

}

 

〈for文〉

for(条件式に使う変数の宣言、初期化; 条件式; ループの最後に行うこと){

  処理内容

}

 

と、書き方に違いがあります。

僕の中では単純な処理(繰り返す回数が決まっている)時などにfor文を、複雑な処理や繰り返す回数が明確ではない場合にwhile文を記述すると理解しています。

また気を付ける事としては、while文は条件式が真か偽で指定するので無限ループには気を付けないといけないです。

 

どれも繰り返しの構文なのですが、

実際にどういう状態の時に使い分けるのが最適か、

今後の研修と経験でしっかりと判断できるようにしていきます!!

 

【最後に一言】

研修の課題を進めているうちに、

徐々にコードの処理の流れがわかるようになり,

難しい問題も増えてきました!

正直とてもうれしいです 笑

しばらく期間空くとは思いますが、

また更新します。

それでは!!

 

BLOGトップへ戻る