BLOG

【プログラマー 研修 Java】しょーの記録5

 

こんにちは!

しょーです!

ここ最近は曇り空が続き

日が当たらない分少しは涼しく感じます。

ただ、雨が降っちゃうとじめじめとした暑さになりますので、

やっぱり晴れていた方が過ごしやすですね。。。笑

さて、

今回も研修中の学習ついて書いていこうと思います!

 

【内容】

・カプセル化

 

【所感】

今回はカプセル化についてです。

カプセルといえば何かを閉じ込めておくものかと想像しましたが、

外部からの接触を制限する事については、

まぁイメージとあっていました。

カプセル化は、

外部(他のクラス等)からのアクセスを制限かけて中身の安全性を高める事が目的なんですね。

ただ、一度カプセル化しちゃえば接触する事は不可能かといえばそういうわけでも無いみたいです。

ゲッターとセッターというカプセル化の中身を取り出したり、変更したりできるメソッドがあります。

ゲッターが取り出し専門で、セッターが変更専門ですね。

カプセル化すれば間違えて変数の値を更新してしまう事もないし、

だからと言ってセッターやゲッターを使えば値を取り出したり、変更する事も可能なとても便利の良いやつです。

 

でも、気を付けないといけないのが、

このセッターとゲッターはカプセル化している変数を含むクラス内に存在しないとエラーになるそうです。

どこでも定義できるわけではないので、注意しないといけないですね。

 

【最後に一言】

気づけばJavaの学習も、もうすぐで一か月になります。

今後の研修ではまだSQLの学習もあるのでJavaについてはしっかり復習していく必要がありますね。

また更新します。

それでは!

 

BLOGトップへ戻る