BLOG

【プログラマー 研修 Java】うっちーの記録4

おはようございます。
本日もブログを更新していきます。
それでは昨日の研修内容を振り返っていきたいと思います。

・課題
1.インターフェイス
前回のブログで出てきた抽象クラスと殆ど同じ機能を持ちます。
抽象クラスとの一番の違いは、抽象クラスが単一継承に(一つしか継承できない)のに対してインターフェイスは複数実装することが可能です。
その他の違いはインターフェイスには、抽象メソッドと定数のみ宣言が可能なんですが、defaultメソッドというのを使用すればメソッドの内容を記述することが可能になります。

2.アップキャスト、ダウンキャスト
アップキャスト(暗黙的型変換)はスーパークラスの変数にサブクラスのインスタンスを宣言できるという事です。理由としては、サブクラスのインスタンスは継承しているのでスーパークラスの情報を持っているからです。
ダウンキャスト(明示的型変換)はその逆でサブクラスの変数にスーパークラスのインスタンスを宣言できます。
ただし注意することが有ります。
※一度アップキャストを行った変数のみサブクラスの変数に入れることが可能になります。
理由は、スーパークラスのインスタンスにはサブクラスの情報が入っていないからです。
理解には時間が掛かりましたが、先輩に図を使って説明して頂きやっと理解できました。

今はまだ教えて頂く立場ですが、徐々に教えていく立場に変わります。
今回先輩に教わった時に感じたのは、図を使って教えたほうが分かりやすいと思いました。
場合によって言葉の方が理解しやすい事もあるので、使い方は考えないといけません。
私もいつかは何を聞かれても分かりやすく教えてくれる先輩になりたいと思いました。
その為に今は勉強し理解を深めていきます。

最後は考え方みたいな話になりましたが、今回のブログはここまでです。
では、また。

BLOGトップへ戻る