BLOG

【プログラマー 研修 SQL】うっちーの記録6

おはようございます。
本日もブログを更新していきます。
それでは昨日の課題を振り返っていきます。

課題

1.基本操作

テーブルの作成からデータの挿入までの基本操作
MySQLのWorkbenchを使い、テーブルを作成しデータの挿入を行います。
SQLは触ったことが無く操作の仕方は慣れが必要でした。

 

2.SELECT文

SELECT文を使いデータの取得を行い、WHERE句で条件を指定し条件に合うデータを表示させます。条件には関係演算子を使う事が出来ます。

 

3.WHERE句

WHERE句の中でANDやORを使い、条件を複数指定することが出来ます。
ANDやOR以外にBETWEEN(範囲指定)、IS NULL(NULLのデータ)やNOT NULL(NULL以外のデータ)等色々な文を駆使して必要なデータを取得します。

 

4.CASE式

CASE式(Javaのif文の様なもの)を使い、条件に合った場合の出力を指定することが出来ます。CASE式の中の条件を記述するWHENは複数記述する事が出来,
複数条件指定を行う事が出来ます。

 

5.並び替えや重複の削除

ORDER BYで表示の並び替えやDISTINCTで重複を除外したり等の表示させるデータの処理を行います。

 

SQLの課題に入り基礎から学びましたが、プログラミング言語と記述方法や動作の順序が違い戸惑いましたが、慣れてきました。
色々な式が有る為、全て覚えるのは難しいですから頭の片隅に抑えておけば問題ないと思います。

足早に説明しましたが、今回のブログはここまでです。
では、また。

BLOGトップへ戻る