BLOG

自走できるエンジニアを育てるには、目的を共有した上で広い視野をもてるように仕事を依頼すること(後編)

前回の記事では、オルターボ代表の中村が、株式会社カヤックの現役エンジニアでありオルターボの技術顧問でもある杉山さんに、「自走できるエンジニアとは」というテーマでお話を聞きました。
この記事では、「自走できるエンジニアが育つ環境」について、うかがっています。

自走できるエンジニア

杉山 慎誠(みつなり)さん
ゲームプログラマーとして仕事を始め、現在はWeb業界を中心とした、リードエンジニアやテクニカルディレクター、
採用、教育、チームマネージメントなどを行っている。エンジニアとしては、フロントエンド・サーバーサイド・
インフラ・アプリ・ゲーム・AR・VRなど、プラットフォームや開発言語を問わず幅広い技術をもち、さまざまな賞を受賞する。
エンジニアとして活躍を続けながら株式会社akasatanaを設立し、技術顧問・技術アドバイザー・技術コンサルタントとして
企業のサポートを行っている。

企業が「自走できるエンジニア」を育てるには?

中村:自走できるエンジニアを育成するために、企業がもつべき心構えについて教えてください。

杉山:エンジニアに作業内容だけを伝えて仕事を依頼していると、何を目的とした仕事なのかを理解できないため、問題が起きたときに解決策やアイデアを出せません。

そのため、エンジニアに依頼する際は、作業の目的から共有し、プロジェクトのKGI・KPIを共有するなど、もう一段階広い視野をもてるように、仕事を依頼することが重要です。

また、思いついたアイデアや行動が受け入れられる環境を作ることが、自走を促す手助けになるのではないでしょうか。

中村:杉山さん自身がメンバーを育てる上で、気をつけていることはありますか?

杉山:業務単位で仕事の依頼をするのではなく、本人が自ら作業すべきことを考えだせるように、情報共有することを心がけています。
プロジェクトの概要と課題を伝えることで、本人が自ら考えて行動できるように依頼することを意識しています。

中村:依頼する側が意識的に話すことが重要ですね。

杉山:こうした方法は、時間がどうしてもかかるので、依頼側にも余裕が必要になります。エンジニアを長い目で育てていく意識が必要です。

また、自分が仕事で携わると自然に興味がわいてくるので、エンジニアが興味の範囲を広げやすいように、あえていつもとは違う業務を任せることもあります。

中村:自走できるエンジニアに育てるために、企業が用意すべき環境や制度などはありますか?

杉山:私は、自走できるエンジニアを育てるためには、採用と評価制度が大事だと感じています。

自分がアイデアを出し受け入れられる環境は、自分以外の誰かのアイデアを受け入れる必要があるともいえます。そのため、謙虚さや素直さのある人材を採用するといいのではないでしょうか。

評価に関しても、自走できることが評価に含まれていた方が、人材育成につながるはずです。
そのため、個人ではなくチームを評価したり、チームへの貢献などが測れたりするといいかもしれませんね。

中村:実際に、自走できるエンジニアが育っている企業には、どんな特徴があるでしょうか?

杉山:自走できるエンジニアが育っている企業は多いので、特徴を挙げるのは難しいですが、あえていえば、お手本になるような自走するエンジニアがいれば、新人や若手も自走できるエンジニアへ育ちやすいのではないでしょうか。

杉山慎誠_オルターボ技術顧問_自走できるエンジニアを育てる環境

中村:なるほど。環境が変わることで自走するエンジニアになることもありえるのでしょうか?

杉山:実は私自身、カヤックに入社する前に数社経験しているのですが、今よりは楽しく働けていなかったんですよね。

カヤックに入社して感じたのはみんなが親切であること。困っている人がいたら手伝うというのは当たり前で、そういった社員が多いと自分もそうなろうと考えます。カヤックに入ったことで、自分の視野が広がりました。

思い返せば、カヤックより以前の会社にも親切な方はいたと思うのですが、当時は気づけなかった。今のマインドのまま以前の会社で働いたら、きっと楽しく働けるのではないかと思います。

「自走できるエンジニア」を採用するには?

中村:自走できるエンジニアが増えると、企業にはどのようなメリットがありますか?

杉山:アウトプットの質が上がると思いますし、企業がもっている目的から、つまり企業理念から考えて自走し、エンジニアならではのサービスを生み出す人が現れるかもしれませんね。

中村:採用する際に、自走できるエンジニアを見抜くポイントはありますか?

杉山:趣味で開発をしていたり、業務に関係のない技術を学んでいたりする人は、新しいことに興味を持ち行動できる自走できる人だといえます。

学生の場合は、エンジニアとしてのアルバイト経験がある方は自走できることが多く、スキルも高い印象です。自分でアルバイト先を探すという自発的な行動をしているからかもしれません。

余談ですが、ピザ屋でのバイト経験がある人には、自走できる人が多い印象があります。その理由は解明できていないのですが(笑)

杉山慎誠_オルターボ技術顧問_採用のポイント

くわえて感じることは、会社の価値観、考え方に共感できるかどうか。できなければ会社のことを自分事化できないため、自発的にアイデアを出して行動することが難しいでしょう。

中村:裏を返せば、より自社に合う方を採用するには、企業側も価値観や考え方を発信していく必要がありますね。

杉山:そうですね。リーダーや管理職などポジションが上がっていくにつれて、価値観や考えが企業と合っていることが重要ではないでしょうか。

中村:弊社でも社風に合ったエンジニアは楽しく働いていますね。企業側が自社のカラーをより出していくと、よい出会いにつながりそうですね。

***************************************************************************************************

【ご案内】
オルターボでは共に就業いただけるエンジニアの方を募集しています。
弊社でのご就業に興味をお持ちの方はぜひこちらからご連絡ください。

BLOGトップへ戻る