BLOG

【プログラマー研修 Java研修】タコの記録2

こんにちは! タコです~

研修も今日で5日!5日ですよ!

ちなみに、僕の好きな数字は5です。

突然ですが、ランニングっていいですね!ランニング。


先日、無性に走りたくなって家を飛び出したんですが

全身に当たる風とか、地面を蹴った感触とか、木々が揺れる音とか、日光とか….とにかく

気持ちいいんですよ。すごく。

その日は丁度桜が満開で、桜の花びらが雨みたいに降ってる景色とか見れちゃうんですよ。

超きれい。

走ってた足を思わず止めちゃいましたね。

ってことで研修の内容に飛び移っていきますね~。

前回はJSPとServletをやってましたが、本日の研修内容のJavaの抽象クラスで躓いたのでそこをちょっと復習します!

 

 

 

Java 抽象クラスとは―。

抽象クラスは、ただのクラスではなくて、名前の通り抽象的な、ざっくりとした意味を持つクラスで、「不完全なクラス」なんです。こんな不完全なクラスは単体ではつかえず、インスタンス化できません。型としては使えるけど。

ので、基本、継承をして使います!

 

 

抽象クラスの書き方・使い方

はい!書き方こんな感じです。一行づつ説明します!

 

abstractで抽象クラスに。

abstractは英語で抽象という意味です(まんまです…)。これをアクセス修飾子の後につける事で抽象クラスが作れます!

 

抽象メソッド

実は抽象クラスでは 普通のメソッドも宣言できます が、抽象クラス限定の、抽象メソッドという特別なメソッドを作ることができます!

普通のメソッドは

こんな風に作りますよね。

抽象メソッドは

はい。

これで完成です。クラスと同じでabstractをつけて;で終えればいいんですね。

でもこれ、メソッドの中身がない。処理を書いていないんです。でもこれで完成なんですよね。

 

なんで。

「処理書いてないメソッドなんて呼び出さないし、わざわざこうやって宣言する必要もないじゃん」

僕もそう思います。でも、これを宣言することはとっても意味のある事なんです。

 

継承。

先にも述べたとおり、抽象クラスは基本、ほかのクラスの親クラスとして継承させて使います。

実は抽象クラスを継承したクラスは

必ず継承先(親抽象クラス)の抽象メソッドをオーバーライドして、そのオーバーライド先で処理を決めないといけないというルールがあるんです!

そう!抽象クラスのメリット、それは…..そう!

 

忘れない。

オーバーライドを、忘れないんです。

extendsで継承します!この、抽象クラスではないクラスを

具象クラス

と呼びます!

 

 

 

まとめ。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

最後、まとめです!

・抽象クラスは基本継承して使う!

・抽象クラスは抽象クラスを宣言できる!

・抽象メソッドは具象クラスで必ずオーバーライドする!

 

 

今回はここまで!!

それでは、また!

BLOGトップへ戻る