BLOG

【プログラマー 新人研修 Java】新人たぴの記録7

おはようございます。新人のたぴです!

今日は暑いです!!思わずコンビニで氷カップを買ってアイスティーを流し込み、キンキンにして飲んでいます!

体を冷やしすぎるのはよくないといわれていますが、個人的には夏を乗り切る必須アイテムです。今度はジンジャーエールとかを入れてみたりして、カフェ気分で爽やかに研修に臨みたいと思います。

それでは研修内容を振り返りたいと思います。

<研修内容>

Java入門⑨講習(抽象クラス、抽象メソッドの宣言と継承)

Java入門⑨課題

<所感>

オブジェクト指向の三大要素である、カプセル化・継承・多態性の3つの内、カプセル化と継承の2つが終わりました!

はじめは訳がわからなかったクラスのインスタンス化やコンストラクタも、少しずつ課題を繰り返していく中で、イメージが掴めてきた気がします。コンストラクタは通常のメソッドとは異なり、クラスがインスタンス化された際に呼ばれる初期設定のことだというのが、自分でコードを書いて、呼びながら、理解することができました。この初期設定を作ってあげることが次に学ぶ継承とつながっていくと、更に便利になっていきます!わかれば簡単なことだとは思いますが、そのわかるまでが難しく感じてしまうんですよね。。。

最近は講師の方のアドバイスもあって、課題を解きながら、頭の中で、それが一行一行どんな風に動くか、というのをなるべく説明するようにしています。自宅ではブツブツ呟いています。あとはなんとなく結果が出たからいいや、ではなく、しっかり手順に従って、過不足なく正しい処理が書けているか、ダブルチェックも大切ですよね!

<最後に一言>

今まで課題を解く際にダラダラと解いてしまっていましたが、先日記載したクラス図が書けるようになったおかげで、課題のボリューム感や、どんな構文を使えばいいかなど、全体感がつかめて、時間配分がなんとなく見えてきました!仕事になれば、更に時間配分やスケジュール感を見通すことが大事になると思うので、今からその感覚を養っていきたいと思います。

引き続き、頑張ります!!!

BLOGトップへ戻る