BLOG

【プログラマー 研修 Java】ヤマちゃんの記録1

こんにちは、新人のヤマちゃんです。
2月1日より入社し、1か月間のJava研修がはじまりました。
他言語の経験はそこそこありますが、Javaはほぼ未経験なのでじっくり基礎から丁寧に学習を進めています。

◆本日の内容

初日ということで変数の宣言や初期化、加減乗除、条件分岐等、基礎的な部分を学習しなおしました。
内容としては初歩の初歩レベルで他言語ともかなり共通しています。ただ、独学でやってきていたので、あいまいにしていたプログラミング用語の使い方を客観的に定着させることができました。

たとえば
int num = 0;
を口頭で伝える場合、「イント型の変数ナムを宣言し、同時にゼロの値を代入して初期化している」と説明できます。
独学でネットなり書籍なりでもくもくとやっていると、こういう機会はなかなか持てません。プログラマでも基本的にはチームではたらくことになるので、こういったコードの説明もわかりやすくできるよう学んでいきたいです。

つぎに文字型のcharについて書きたいと思います。
まず同じように文字を扱う型としてStringがあり、charは1文字しか扱えないのに対して、Stringはリソースが許す限り値をいれることが可能です(charは文字型、Stringは文字型、「S」は大文字)。
完全な上位互換であるStringが存在するためcharはほぼ使われる機会がありません。
以下、charの使用例:

public class charSample {
public static void main(String[] args) {
char chr = 65; // 10進数のUnicodeを使ってみます。
System.out.println(chr);
// 「A」がコンソールに表示される
// charに66を代入すると「B」になります
   }
}

char型はString型より先に生まれました。2バイトしか使用しないのでリソースの限られた昔のコンピュータで使われていたようです。ファミコンのドラクエで主人公の名前をつけるとき、濁点も1文字とみなされていましたが、おそらくchar型に近い仕様だったんだと推察されます。勉強中に「へぇ~」となったので書きました。

◆所感
この機会を活かして集中的に勉強し、あわよくば資格がとれればいいなと考えています。がんばります!

◆さいご一言
渋谷のMARUZEN&ジュンク堂書店は品揃えがすごいしベンチがあってとても良いです。

BLOGトップへ戻る