BLOG

【プログラマー 研修 SQL】ことの記録8

こんにちは!ことです!

ラグビー日本代表すごいですね!
自分はラグビー全然詳しくないですが、
最近ラグビーの動画を見ています(笑)


さて、今日はSQLの課題の方を進めました。
内容は、

CASE
ORDER BY
LIMIT
DISTINCT
UNION


です。

CASE式


CASE式は単純CASE式と、検索CASE 式というものがあります。

単純CASE式はJavaのswitchと似ていて、


[CASE カラム名]でカラムを指定して、
[WHEN 比較値]で比較値を補足し、
[THEN 出力値]で出力値を出力します。
[ELSE 出力値]でその他の場合出力値を出力します。
[END]で式を終了します。


また、検索CASE式の方は


[CASE]で、カラム名を指定せず
[WHEN 条件式]で条件式が真のときに、
[THEN 出力値]で出力値を出力します。
ELSE,ENDに関しては単純CASE式と同じです。

 

ORDER BY

ORDER BYはデータの並び替えをします。


ASCが昇順DESCが降順で、
この部分を書かない場合、自動でASCになります。

また、[LIMIT 出力数]をつけると出力する数を指定できます。

[DISTINCT カラム名]を使えば、重複を除くことができ、

[SELECT文1 UNION SELECT文2]で、二つのテーブルを縦に結合することができます。

今回はとても濃い内容でしたね(笑)

以上!ではまた!

BLOGトップへ戻る