BLOG

Swiftでカメラを実装したい③

こんにちは、TYと申します。

前回の続きです。

今回は映した映像を画像として端末に保存する「撮影機能」を実装していきたいと思います。

撮影設定

撮影する際のフラッシュや手ぶれ補正などの設定はAVCapturePhotoSettingsクラスを使用します。

撮影した画像の保存

撮影した画像のデータを受け取るために、AVCapturePhotoOutputクラスのcapturePhotoメソッドを使用し、AVCapturePhotoCaptureDelegatephotoOutputメソッド内で撮影した画像データを取得します。

以下のようにAVCapturePhotoCaptureDelegateというdelegateも追加。

fileDataRepresentationメソッドでデータを生成し、UIImageオブジェクトに変換後、UIImageWriteToSavedPhotosAlbumで画像を写真ライブラリに保存します。

以上でカメラの基本的な処理を実装しました。次回はカメラを実装する際のプロジェクの設定やコードの改修を実施したいと思います。

BLOGトップへ戻る