BLOG

【プログラマー研修 Java】ぺんたの記録2

こんにちは、ぺんたです!

ついに、緊急事態宣言が発令されましたね。

私は食べ歩きが好きなのですが、コロナウイルスが流行っているため

この状況では、外に食べにいけません(T^T)

そのため、最近は自宅でドラマ「孤独のグルメ」を観ながら

井之頭五郎(主人公)と同じものを食べて、プチ外食気分を味わっています^^

それから…

研修がリモートワークになりました。

リモートでも普段と変わらず、気を引き締めて研修していきます!

本日は、インターフェイスについて学習しました。

 

インターフェースとは…

言葉の意味としては、「境界面」、2つのを繋ぐ役割を持っているものです。

Javaのインターフェース

クラス内のメソッドに具体的な処理内容を記述せずに、

変数とメソッドの型のみを定義したものです!

      

インターフェースの宣言

インターフェースは以下のように宣言します

ここで重要なポイントとして

自動的にメソッドは抽象メソッド、フィールドは定数になるということです!

必ずオーバーライドするメソッドを用意しなければなりません (^_^;)

ですから抽象クラスと同様にインスタンス化できません

次のポイントとして

クラスにインターフェースを実装することができます。

また、インターフェースにインターフェースを継承することもできます。

 

インターフェースの場合は、複数継承可能です!

さらに!

抽象メソッドだけでなく、defaultメソッドを使うことで

インターフェース内にメソッドを実装することもできます!

所感

処理内容を後回しで実装でき、複数継承できるのが便利ですね!

複数人で別々のデータを扱う大規模システム開発で役立ちそうです^^

扱えるのが定数のみという所が、不便だと感じました(-_-;)

 

まとめ

重要なポイントのまとめです(^^)

抽象メソッドと定数のみ宣言できる

defaultを使えばメソッドを実装できる

複数実装可能

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、またお会いしましょう(^^)/

BLOGトップへ戻る